発毛 サプリ

発毛のカギ?成長因子とは?

 

薄毛やハゲが気になる年齢になってくると、育毛方法というものについて興味が出てきますよね。そんな育毛方法というのは実にいろいろなものがあるようなのです。そうやって調べていくと「成長因子」という言葉を耳にするようになりました。たくさんの育毛剤の中に配合されているようで、AGAクリニックなどでは成長因子を頭皮に注射する療法というのもあるようです。なんとなく発毛や育毛には良さそうなことはイメージ出来ますよね。でも「成長因子」というもの自体あまり聞き慣れない言葉ですし、あまりに漠然とした言葉であるだけに、なんだかモヤモヤした気持ちになってしまうのです。ここは一度「成長因子」というものについて詳しく調べてみたいと思います。

 

まず始めに成長因子というものがどんな定義となっているのかについて調べたいと思います。この成長因子はほんの微量でも細胞の成長や増殖を促進させることの出来る一群の物質とされています。細胞や組織の成長を促すことの出来る作用を持っている物質、いわゆる栄養因子やホルモン等を含んだものの総称です。でも細胞の成長や分化、そして増殖を促進させるシグナル物質、要するに増殖因子あるいは細胞増殖因子といったことの意に用いることが多いようですね。

 

また別の言い方では細胞成長因子とも言うようです。細胞分裂を促進させたり、形態変化や肥大をもたらしてくれるポリペプチド性因子の総称となります。成長因子というのは動物の体の中で特定の細胞の増殖や分化を促進させる内因性のタンパク質たちの総称となります。増殖因子や細胞増殖因子とも言います。いろいろな細胞学的、そして生理学的過程の調節において作用していて、標的細胞の表面の受容体タンパク質において特異的に結合して、細胞間のシグナル伝達物質となり作用しています。

 

発毛は血行促進が必須!

 

リアップシリーズとして皆様に知られているミノキシジル。この商品は血行促進を目的されて作られた発毛剤となります。AGAを処方するためのものとして認められていますが、高血圧のための経口薬としても処方されていたのです。髪を育成し脱毛症を回復させていくための効果が発見されたために発毛剤としても使わるようになったのです。でもたとえ薬を使わなかったとしても血行は促進させることが出来ます。それも意外と簡単な方法で。

 

頭皮の血行を促進させるために市販されている育毛剤は使わずに、自分自身で育毛剤を作ることが出来ます。血行促進と生薬パワーの両方を利用したオリジナルの育毛剤です。エビネエキスやアロエ、柑橘類などを用いて自作育毛ローションを作って、発毛していることを実感出来た方もいらっしゃいます。

 

そのほかにも頭皮マッサージを行うことで発毛を促進させることが出来ます。頭皮マッサージというのは思いたった時にどこでもすぐに出来るのでとても効果ある方法と言えます。力加減は自分で気持ち良いと感じる強さで押してみるとよいでしょう。ほかにも馬油を塗るといった方法もあるようです。お風呂に入った際、シャンプーの後のタイミングで行うととても効果があると言われています。馬油はとても浸透性の高い油であり、保湿効果も抜群です。また血行も良くしてくれるので、馬油を塗っただけでも発毛が促進されるというような人もいるのです。

 

食事の面においては唐辛子に含まれているカプサイシンが血行が良くする効果があるようです。そのほかにもアーモンド等に含まれているビタミンEには血管を拡張するといった効果があります。

 

発毛に必要な亜鉛とは

 

みなさんは亜鉛という栄養素をよく知っているでしょうか。亜鉛というのは私たちの髪の毛の99%を占めているタンパク質を髪の毛に構成するために必要とされる栄養素になります。どれほど良質であるタンパク質を摂取したとしても、亜鉛が不足してしまうと健康な髪というものは育たなくなってしまうのです。それに亜鉛は抜け毛や薄毛の原因であるDHTを生み出すといわれている5αリダクターゼの抑制に対しても効果があるだろうと言われています。髪の健康を維持していくためにも亜鉛というのは必須栄養素となります。

 

ただ現代人にとっては何かと不足しがちな栄養素でもあるのです。そんな亜鉛と抜け毛や薄毛の関係性について考えてみたいと思います。タンパク質によって髪の毛が構成されているという事はもはや有名な話ですよね。

 

タンパク質の中でも正確には「ケラチンタンパク質」というものになります。このケラチンタンパク質が私たちの髪の毛の99%も占めることとなり、亜鉛は摂取したタンパク質をケラチンタンパク質へと再構成していく働きがあるのです。そのため亜鉛が不足してしまうと髪の毛は育っていくことが出来ないだろうと言われているのです。

 

毎日の食生活においてどれほど良質なタンパク質を摂っていったとしても、亜鉛が不足してしまうと髪の毛の成長というのは鈍くなっていくのです。それに亜鉛というのは脱毛原因とも言われるDHTを生み出してしまう5αリダクターゼの抑制においても効果があると言われています。ですから育毛を行っていくにおいては、亜鉛というのは日々意識して摂取していきたい栄養素なのです。

発毛に効く漢方薬あるの?

 

中年にさしかかる頃、髪の毛に関する悩みというのが途端に増えてきます。中でも薄毛についての悩みは大きいでしょう。そんな薄毛ですが、実は漢方が発毛に関して効果があるというお話を耳にしました。漢方によって血の巡りを良くしていき、発毛を促進させるというものです。

 

加齢のせいなどではなく子供のころに患ってしまった病気などが原因となり、髪の毛が薄くなってしまう方もいらっしゃいます。病気のせいで髪質自体が変わってしまっていて、毛一本一本が細くなっていまい本数も極端に少なくなってしまうのです。年頃になってくると、周囲の目というものも気になってきますよね。そうすると育毛剤やヘッドスパ、マッサージ等、いろいろ試してみるだろうと思います。でもそれで効果が現れるということはなかなか難しいことかもしれません。薄毛の原因となっているものは人それぞれ違っていて、ある方法が発毛に効いたとしても他の人には効かないということも多いのです。

 

女性であれば生理不順など体の様々な部分に不調が出てきている場合もあります。そんな時に頼りになるのが漢方ではないかと思います。全身の血の巡りが悪かったりすると様々な不調が出てきてしまいます。生理不順や冷え等など女性特有の症状として現れてきます。

 

漢方薬の服用するようになってから手足の冷えが改善されたり、髪の毛が太くなってきたという方もいらっしゃるのです。頭皮の毛穴の数も増えてきたようで、発毛がどんどん促進されているのを実感したようです。自分の症状に効果がある薬を見つけていくためには、自分自身の状態というものを的確に把握しておく必要があります。病院で問診や触診をきちんと行ってもらい、最適である漢方薬を処方してもらいましょう。

 

発毛促進する温泉とは?

 

毎日毎日、職場と自宅を往復するだけ。そんな生活は疲れてしまいますよね。知らず知らずのうちにストレスも溜まってしまうというものです。ストレスを解消しようとお風呂に入ったとしても、あまり広いとは言えないような浴槽の中では手足を放り投げることも出来ず、なんだか気分もスッキリしません。そんなこんなでストレスはどんどん悪循環の状態に陥ってしまいます。ある日気がついた時には髪の毛がパラパラと抜け落ちてきてしまっていて、頭の状態が悲惨なことになっているかもしれませんよ。そんな事態は是が非でも避けたいものです。そんな時に育毛にとてもよく効くという温泉の話を聞きました。広くて開放的な浴槽に存分につかって、日ごろ溜まったストレスを撃退してしまいましょう。そうすれば髪の毛も元気になること間違いなしです。

 

私たちの髪の毛が発育していくのを促進してくれるという温泉はいったいどのようなものでしょうか。それはどうやら酸性泉の温泉のようなのです。その基準というのは泉質が酸性であるかどうか、要するにその温泉の水素イオン濃度(pH)が3.0未満であるかどうかということです。人の肌のpHというのは5.0くらいといわれていますので、肌が弱い人が酸性の温泉に入ってしまうとピリピリとしみてしまいます。その逆にpHが8.5以上のものはアルカリ性となり、美肌の湯など女性にはとても人気がある温泉などに多いようです。

 

群馬県の草津温泉といえば、日本を代表する温泉のひとつです。だいたいpH2.0前後となっているようですね。立派な酸性泉ということになります。秋田県の玉川温泉もpH1.2で、日本一の強酸性の温泉として知られています。全国各地の湯治者たちが頻繁に訪れているようです。

 

発毛に効くツボ

 

ツボを押すという行為はずっと昔から有効なものと認識されている手法です。血行を促進させる効果もあるし、女性特有の冷え性を解消したり、硬直してしまった筋肉を緩和してくれたり、血管を拡張させるような作用もあるだろうと言われています。ツボによっては各々関連している箇所の身体の悪い部分を改善することが期待出来ます。

 

まず始めに育毛や発毛にとても効果があるというツボについて紹介したいと思います。まずは頭皮にあるツボから紹介いたします。1つめは、百会(ひゃくえ)です。両耳を結んだラインの中心(頭頂部)にある百会というツボは、血行を促進させる効果があって、発毛を促進させるツボの中においても最も効果があると言われているツボです。百会を押してあげることにより、健康的な毛髪を作っていける頭皮であるか、その状態についてチェックをすることが出来るのです。中指の腹部分を使って強く押してみて、気持ち良いと感じたなら頭皮の健康状態については良好であるといえるでしょう。

 

押した時の感触は弾力性があり厚みを感じます。もしも痛く感じるようであればドロドロした血液が頭皮部分に停滞してしまっている可能性が高いでしょう。ガチガチに固くなってしまった状態というのは、髪が薄くなりやすい傾向の人に多く見られるようです。頭皮が圧迫されているために固くなっているという状態は、発毛にとっては良くない状態と言えます。弾力が感じられず、ぷよぷよと柔らかく感じるような場合は、リンパや血液などの流れがとても悪い状態であると言えます。髪の成長にとっては良くない状態となりますので注意が必要です。

 

では発毛を促進させるために重要となるこのツボの効果的な押し方はどんなものなのでしょうか。それにはまず両方の手の親指をこめかみ部分に置き、中指か人差し指のどちらかを百会に当ててみます。初めは出来るだけ軽くして、徐々に強くしていくようにしながら数回押してみます。親指をこめかみから目尻よりの場所にある太陽というツボに移して、引き上げるような感じで数回ほど押しましょう。

 

発毛とたばこ、お酒の関係

 

中年にさしかかった男性のみなさんは、薄毛という悩みを抱えている方も少なくないでしょう。そういった方たちの中にはタバコやお酒をかなりたくさん飲んでいるという方が非常に多いようです。タバコとお酒、この2つは薄毛と何か深い関係があるのでしょうか。育毛や発毛を促進させるためにおいてやめなければいけないものなのでしょうか。

 

私たちの髪の毛というのは、血液のおかげで栄養を得ことが出来て日々成長しています。そのため血行が悪くなってしまうようなことがあったなら、薄毛に向かって一直線に進んでしまうわけなのです。タバコの成分の中には中毒性のある物質としてとても有名なニコチンが含まれていることはご存知でしょう。ニコチンには体内の血管を収縮させてしまうような作用があるということが分かってきています。たばこを吸っている方の多くは血圧が高くなっている場合が多いようなのですが、ニコチンが何か悪さをしているためなのです。血管が収縮されてしまった状態になると、どれほど効果的である育毛対策をしていたのだとしても、効果自体が半減することとなります。ニコチンがもたらす作用というのは極めて強く、タバコを吸うのは今すぐやめた方がいいと思います。

 

ではどうしたらすぐに禁煙が出来るのでしょうか。一番いい方法は病院へ行くことです。そして、コチンを摂取する量を段々と減らしていき身体を慣れさしていくのです。中毒症状がありますのでやはり計画性を持って禁煙していかなければなかなか目標は達成出来ないでしょう。